テン(貂)とは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >テン(貂)とは?

テン(貂)とは?

テン(貂)とは?

テンは民家の天井裏に入り込み巣を作って住み着くことがあります。
住み着かれないためには、テンのことを理解する必要があるのです!

キョン

テン

分類:イタチ科
体長:44~55cm
尾長:17~23cm
体重:0.9~1.5kg
体色:赤褐色、暗褐色

テンの特徴

テンはイタチ科の哺乳類で、体長40~50センチ台の動物の総称です。古くから上質な毛皮が取れることから乱獲されていたこともあったようです。また、ペットとして飼われることの多いフェレットも、テンと同じイタチ科です。 また、テンはよくイタチと間違えられますが、テンはイタチより体が大きく、イタチと違い肛門の臭腺がないので、防衛のために出す悪臭がありません。 テンにはホンドテン、ツシマテン、コウライテンなどの種類がいますが、日本で主に見られるのはホンドテンです。 ホンドテンは本州以南に住んでいます。夜行性で、平野部の森林にいることが多いようです。俊敏で木登りが得意なため、一日の大半を樹上で暮らしています。そういった性質のせいか、時々民家の天井裏などに入り込み、巣を作ることもあります。春から夏にかけて繁殖し、一度に2匹から4匹の子を産みます。子育てシーズンのほかは、単独での生活をします。   テンは雑食性で、木の実や果実を食べるほか、ネズミやムササビなどを捕食することもあります。最近では山にエサがないため人里に来て、ゴミ箱をあさるケースが増えているようです。

被害

テンは樹上など高い所で生活する動物です。テンが人間の住居に侵入した場合、天井や屋根裏に巣を作って住み着くことがあります。屋根裏には断熱材が敷かれていることが多いため、テンにとっては、適度な温かさと柔らかさが保たれた格好の住居です。住み着くとなかなか出ていかず、そこで繁殖します。
テンによる主な被害は、家に住み着くことです。屋根裏をテンが走ることで騒音がおこったり、排泄物で屋根裏や天井が汚れたり、劣化したりします。
テンのフンは、雑食性のため悪臭を放つので、テンが家に住み着いている場合は相当なにおいに悩まされることになります。また、悪臭だけでなく、衛生面の問題や感染症の危険があります。
テンはまた、ノミやダニを媒介します。ダニ類に刺されることによる皮膚炎や感染症、またはハウスダストによるアレルギーのリスクも高まります。

駆除方法・対策

テンが家に住み着いた場合、単純に追い出すか、捕獲するかのどちらかが対策となります。捕獲する場合、テンのいそうな場所や通り道にソーセージなどのエサを置いておきます。エサでおびき寄せて、捕獲用のケージに追い込むというやり方です。
ただし、この方法には注意点があります。野生動物の捕獲は法律によって基準があるため、まずは居住地の自治体に、捕獲目的でのケージの設置を申告しなければなりません。
その他、テンの嫌うにおいをつけた忌避剤を、テンの通る場所や巣の入り口などにまいてしまいます。 もし、テンの行動範囲が分からなければ、天井裏の中央部分にまくと良いそうです。また、バルサンのような燻煙剤なども効くと言われています。しかし、スプレーなどは風向きによって狙いが定まらないことがあり、しかも空調などがあれば、風や振動で効果がより薄れてしまう場合があります。 それを避けるには、液体タイプの忌避剤を使うといいでしょう。忌避剤には、ほとんどの野生動物の天敵である、狼の尿などがよく使われます。
とはいえ、テンは学習能力が高いので、仕掛けや忌避剤に慣れてしまうこともあります。ならば、監視カメラを仕掛けてテンの行動パターンを知り、罠や忌避剤などと併用して捕獲に持ち込んだ方が確実でしょう。
いずれにせよ、食べ物を狙うタイプの野生動物とは違って、「入ってきたものを早く追い出す」ことが必要です。
さらにテンを追い出す方法としては、光を当てることもあります。テンは夜行性のためか、強い光を当てると動けなくなる性質があります。そういったテンの習性を利用して、青色LEDライトを使うことがあります。 テンを追い出すLEDライトは、ホームセンターで買えることもあるようです。
テンを家から追い出した後は、フンの清掃と、消臭と消毒、テンによって荒らされた部分の修繕が必要になります。それらが終わった後に、ようやくテンの入ってきた侵入口をふさぐことができます。侵入口をふさぐ場合は、もう一度テンがいないか、よく確認する必要があります。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.