タヌキとは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >タヌキとは?

タヌキとは?

タヌキとは?

ここではタヌキの生態について解説します。
古来から人間に親しまれ、また、食用として利用されているタヌキですが、可愛らしい姿とは一変して、エサを求めて人里に侵入することが問題となっています。
タヌキの問題を解決するためにも、まずはタヌキの概要についてお伝えします!

タヌキ

タヌキ

分類:ネコ目イヌ科
体長:50~70cm
尾長:13~25cm
体重:4~6kg
体色:灰褐色、茶褐色

タヌキの特徴

タヌキは元来、日本・中国・朝鮮半島・ロシアの一部にしか生息していなかった動物です。近年では都市部にも生息しています。
日本にいるタヌキは本州以南に住むホンドタヌキと、その亜種で北海道に生息するエゾタヌキです。エゾタヌキはホンドタヌキよりも若干長毛であり、四肢も長いという特徴があります。一見ずんぐりした体形ですが、被毛が多いためそう見えるだけで、実際は細身であることが多いようです。指の間には被膜があり、水辺での活動も比較的容易です。
タヌキは群れではなく、単独またはつがいで行動します。一度カップルが作られると、どちらかが死ぬまで一緒にいるそうです。夜行性で、虫やカエル、ネズミといった小動物や、ビワなどの果実類を食べる雑食性でもあります。
また、タヌキには「ため糞」という、特定の場所にフンをする習性があります。これはフンのにおいを嗅ぐことで、普段は単独で行動するタヌキどうしの情報交換に役立てるためだと考えられています。ため糞は大きいもので直径50センチにもなることがあります。

夜行性である 雑食性で、小動物、果実を主に食べる
排水溝をねぐらにすることがある 同じ場所に糞をする
秋になると、冬に備えて脂肪を蓄える 驚いた時には一時的に気を失う

主な生息場所

主に、平地や山地の森林地帯に生息している。
森林の都市開発の影響で、近年では住宅地に現れる。

日本に生息するタヌキの種類

日本で見かけるタヌキは、北海道に生息するエゾタヌキと、本州・四国・九州に生息する、ホンドタヌキの2種類の亜種がいます。

・エゾタヌキ ・ホンドタヌキ

タヌキの習性

次にタヌキの習性ついて説明します。
タヌキは意外と多く見られる動物で、夜の山林の道路による交通被害の約4割が、タヌキによるものと言われています。山林だけでなく、住宅街に出没するタヌキの行動・習性について紹介します。

タヌキの行動

タヌキは数頭のグループで活動するのがほとんどですが、子供が成獣すると、親と離れて単独で活動します。主に夜行性で、日没の約1時間前から行動を開始します。途中真夜中の休憩をはさみ、日の出までエサを採取します。タヌキの行動範囲は平均で3.4平方キロメートルと言われており、食糧事情や生息環境によって大きく変わりますが、およそ0.25~20平方キロメートル程度の範囲で行動すると考えられています。
食性は雑食性で、カエル、ヘビ、ミミズなどの小動物や、ビワ、柿などの果実を中心に食べます。タヌキは冬に差し掛かる前に大量のエサを取って脂肪を蓄える特徴があり、冬になると穴ごもりで生活すると言われています。
さらにタヌキの特徴として、同じ場所に糞をすることがあります。これは、縄張りをグループ間で共有して行動すると考えられています。

被害

タヌキは主に畑を荒らします。畑を荒らす動物はキツネやクマなど他にもいるため、正確な統計は分からないものの、雑食性であることと山にタヌキのエサとなる動植物が減っていることから、人里におりてくることが増えてきました。そこでトウモロコシなどの農作物を食べたり、木に登ってビワや柿などを食い荒らすこともあります。
また、ため糞をするというタヌキの習性から、畑や民家の庭に入ってフンをすることがあります。タヌキは一度フンをすると次も同じ場所ですることが多く、これがやがて「ため糞」になっていきます。こうなると衛生的にも問題であるほか、他のタヌキも寄ってくるおそれがあります。
さらに、タヌキは天敵に会うと気絶するほど臆病な性質です。そのため車のライトに驚いて立ちすくんでしまい、タヌキを避けようとした車が事故を起こすケースもあります。

駆除方法・対策

タヌキの被害を減らすためには、まずタヌキを寄せつけないことが必要です。対策としては、環境を整える・物理的な防御・そして音などで威嚇する方法があります。
環境を整えるとは、タヌキが近寄らない環境を作ることです。タヌキは臆病で警戒心の強い動物です。民家や畑などに近づく前には、近くの茂みに身を隠して様子をうかがってから行動します。ですから、周りの藪や草を刈り取るのは、タヌキの行動を遮る意味で効果があります。 その他、コンポストやゴミ捨て場などに生ごみを放置しない、畑に果実などが落ちていないようにする、樹木にはタヌキが爪を立てられないような素材のシートを巻いておく、といった対策もあります。
物理的な防御としては、電気柵やワイヤーメッシュ柵、金属柵を周りに設置するという方法があります。電気柵は、土中にアース線を通し、そこから地上の柵にまで電気を流すことで、柵に触れたタヌキに衝撃を与えるものです。これはタヌキを感電死させる目的ではなく、恐怖心を与えるためです。 とはいえ、電流が弱すぎては効果がありません。電気柵を効果的に使うなら、草刈りや柵の整備など、電流が確実に流れるよう点検や整備も必要になります。他に、柵に触れないようトゲのついた防護柵や、作物にかけるビニールや、ネットなどを併用すると効果が上がります。
また、タヌキは臆病で光や音にも警戒します。センサー式の青色LEDライトや、爆竹、花火などで撃退できることがあります。犬を飼っている家庭ならば、飼い犬が吠えることでタヌキを追い払えることもあります。 しかし、センサー式の防獣ライトを使うには問題があります。タヌキがそこを通らないとセンサーが反応しないため、効果が全くないことです。そういった場合には、タヌキの行動を把握できるように、自動撮影の監視カメラを設置する必要があります。
さらに、タヌキの個体数を減らすために、罠を設置することがあります。箱罠の周りにエサを置き、おびき寄せて捕まえるやり方です。罠を仕掛けるのは地域ぐるみでやる必要があり、なおかつ設置は法律によって規制されているので、箱罠を使用するときはまず、自治体の窓口に相談しなければなりません。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.