鹿退治に有効な対策方法|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >鹿退治に有効な対策方法

鹿退治に有効な対策方法

鹿退治に有効な対策方法

鹿は臆病でありながら、図々しい性格を持っている動物です。自分たちのエサが確保できなければ、木を削って樹脂を採るほど傲慢な生き物でもあります。その行為が鹿を含む野生動物の居場所さえを奪っているのです。
また、人間の被害も例外ではありません。特に、農作物を食い荒らされては農業全体に大打撃を与えてしまいます。こうした事態に際し、鹿退治に有効な対策法を紹介します。

シカ

鹿退治に有効な対策方法

鹿は跳躍力が優れた動物です。なので、鹿の侵入を許さないように柵を設置するのが有効です。高さは1.5~2m程のものが良いでしょう。また、万が一柵を飛び越えて侵入を許してしまった時は電気柵を設置します。
柵に電流が流れているので、こちらの方が効果は高いです。
その他の対策として罠などで捕獲する方法があります。
鹿は群れを作って行動する動物なので、囲い込みを狙うように対策グッズを選ぶ必要があります。

対策グッズ

鹿退治に有効な対策グッズは、柵、電気柵、捕獲器です、そして鹿は夜行性動物なので、青色LEDストロボが有効です。
最近の研究結果で、夜行性動物の駆除には、 青色LEDが特に有効であることが知られてきています。また、鹿の“天敵”である オオカミ等の鳴き声を流すことも、同時に有効です。
鹿の“天敵”であるオオカミなどの猛獣の尿によって、鹿などを寄せ付けなくすることは本能による危険回避本能を刺激する為極めて有効です。
鹿は身の危険を察知する時と何かに追われている時に、高い身体能力を発揮します。150cmを越える柵でも優に飛び越えることができます。
なので、農作物などの食料を食い荒らされないために、柵を設置して鹿の侵入を防ぎます、この時にNewバード・スパイクのような“障害物”を柵の上などに設置することにより、鹿を傷付けることなく、 寄せ付けなくすることも、極めて有効です。

バードスパイク

万が一柵を飛び越えてしまった場合は、電気柵を設置するのが有効です。捕獲器についてですが、こちらは鹿の行動パターンを逆算して設置する必要があります。捕獲器で有効なのがくくり罠です。この捕獲器は鹿に気づかれにくいため、本体を地面に埋め込むだけで簡単に引っかかります。
本体も軽く持ち運びに優れているので、捕獲器の中ではかなり効力を発揮する対策グッズとなります。赤外線センサーで、鹿などの夜行性動物の動きをキャッチし(ホースにつないだ)水を強力に噴射して撃退する新製品も、その大きな効果から、新たに脚光を浴びています。

アニマルブラスター

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.