鹿とは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >鹿とは?

鹿とは?

鹿とは?

ここでは鹿の生態について解説します。鹿による被害は他の害獣の中でも最も大きくなっています。
「農作物が育たず困っている」、「林道の道路が土砂崩れによって塞がれてしまった」など・・・
このような悩みを持つ方も、まずは鹿について理解しておきましょう!

シカ

鹿(ニホンジカ)

分類:偶蹄目シカ科
体長:100~170cm
尾長:10~20cm
体重:40~100kg
体色:茶色

鹿の特徴

・150cmを越える柵を飛び越えるほど、跳躍力が優れている ・性格は非常に臆病
・森の中でも俊敏に移動することができる ・食性は草食性
・牛のように胃が4つに分かれている ・オスにしか角が生えてこない

主な生息場所

森林や草原、山岳地帯など、山地を中心に広く生息している。
小型の鹿は森林、大型の鹿は草原に生息する傾向がある。

日本に生息する鹿の種類

日本に生息している鹿なので、ニホンジカと言います。現在日本全国に広く生息していますが、その中で確認されているニホンジカの種類について紹介します。

・エゾシカ ・ホンシュウジカ
・キュウシュウジカ ・ツツマジカ
・マゲシカ ・ヤクシカ
・ケラマジカ  

鹿の習性

次に鹿の習性について説明します。鹿は、生きるためならどんな手段を使うのも厭わない危険な動物です。そのため、山林に出没することはもちろん、街中に出没することも珍しくありません。
そんな危険極まりない動物を対処するには、鹿自身のことを理解する必要があるのです!

鹿の行動

鹿は主に昼に活動しますが、森林の近くに人里の多い場所や、畑や田んぼといった農作物が育っている所があるなど、人目がないと判断した上で夜に活動します。基本的に早朝や夕方に出発し、日中は森林内で休息を取りながらエサを探し求めます。鹿はオス・メスと別々に群れを作っています。
中には単独で行動したり、子供を引き連れて活動することもあるようです。鹿の行動範囲は季節による食料の摂取状況によって異なりますが、平均で4.7平方キロメートルと言われています。鹿は草食性で、草類、木の葉、木の実、果実などを主に採っていますが、エサの収穫状況が悪い場合は、木の樹脂を削って食べることもあります。
また、鹿は臆病な性格として広く一般に知れ渡っていますが、その性格とは思えないほど身体能力が高い動物です。身の危険を察知すると3m、何かに追われていると6m程度飛び上がるとも言われています。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.