猿とは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >猿とは?

猿とは?

猿とは?

ここでは猿の生態について解説します。
観光地などでよく目にする猿ですが、頭が良く、エサと判別するものは強引に奪い取り、自分のものにするのが特徴です。
こうした身勝手な行為を避けるには、猿のことをよく理解する必要があるのです!

サル

猿(ニホンザル)

分類:サル目(霊長目)オナガザル科
体長:50~70cm
尾長:5~11cm
体重:8~18kg
体色:暗褐色、茶褐色

猿の特徴

・尾が短く、顔と尻が紅い ・主に昼に活動する
・食性は雑食性で、植物中心のものを食べる ・運動力・記憶力・学習能力が高い
・人間の顔、身体、手足の構造が似ている ・群れで行動する

主な生息場所

主に平地や山地などの森林や、常緑広葉樹林や落葉広葉樹林などの山林に生息している。
稀に、農耕地や住宅街に生息することがある。

日本に生息する猿の種類

一般的に、日本で猿というとニホンザルのことを指します。
さらに、ニホンザルは本州、四国、九州に出没する「ホンドザル」と、屋久島に出没する「ヤクシマザル」に分かれています。

・ホンドザル ・ヤクシマザル

猿の習性

次に猿の習性ついて説明します。猿は獲物を見つけると、瞬間的に飛びかかる動物です。
農作物の被害はもちろん、人間も襲う存在として害獣と認定されています。
猿に襲われないためにはどのような点に気をつける必要があるのか、猿の行動を理解する必要があるのです!

猿の行動

猿はオス・メスかかわらず、基本的に群れで行動する動物です。また、猿には猿だけの独自の社会構造なるものがあり、群れごとに順位や階級などがランク付けされる説があると言われています。一般的に、オスが4~5歳になると生まれた群れから別の群れに移動し、メスは子供を中心として行動すると言われています。猿は昼間など明るい時間帯に行動します。夜は群れ同士でくっ付き合いながら寒さをしのいだりして休息を取ります。
猿の行動範囲は10~20平方キロメートルで、その範囲内で周期的にエサを求めます。普段は森林などに生息し、住宅街に侵入することはありませんが、中にははぐれた猿が行き場を見失い、住宅街に現れることも少なくありません。
猿は臆病な正確ではありますが、一度見たものはすぐに覚えるため、知性・記憶力が高いことが明らかとなっています。そのため、人間に危害を加えるケースが多くなるのです。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.