熊とは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >熊とは?

熊とは?

熊とは?

ここでは熊の生態について解説します。
道中でばったり熊と出会った瞬間が最期・・・と言わんばかりに、熊は人間に恐れられている動物です。
「熊に逢うのが怖くて外に出ることができない」、「辺り構わず食べ物を食い荒らす」など・・・
このような悩みを持つ方がいらっしゃるのではないでしょうか。
熊の被害を防ぐには、まず熊について理解しておきましょう!

クマ

クマ(ニホンツキノワグマ)

分類:ネコ目(食肉目)クマ科
体長:150cm程度
尾長:8cm程度
体重:80~150kg
体色:黒

熊の特徴

クマは世界中で見られる動物です。北極圏から熱帯までの広範囲に、それぞれの環境に適応した種類が生息しています。
日本に生息しているのは、ツキノワグマとヒグマです。ヒグマは北海道、ツキノワグマは本州・四国に生息しているクマです。いずれもがっしりとした身体つきに、太い四肢、大きくて強力なカギ爪が特徴です。大きな身体のわりに走るのが早く、時速50キロほどを出すことができます。カギ爪を利用した木登りも得意です。学習能力が高いことも知られており、子グマのころから人間に飼いならされると、サーカスや動物園で芸をするクマもいるほどです。
クマは一般的に雑食性と言われていますが、ツキノワグマは果実を中心に、木の芽や昆虫類、動物の死骸を食べることが多く、ヒグマはそれらの他に鮭などの魚を獲って食べるなど、それぞれの生息地や環境に応じた食性が知られています。冬季には山の斜面などに穴を掘って「冬ごもり」をします。
どちらも本来は臆病な性格で、人の気配や物音を恐れます。しかし、山に食べられるエサが減ったことで人里におり、人間の捨てた生ごみや作物などを食べることを覚えたクマは人を恐れなくなりました。そういうクマを「新世代クマ」と呼び、現代では問題視されています。

臆病で温厚な性格である 昼夜関係なく行動するが、昼に行動する割合が高い
聴力・嗅覚が優れており、人の気配も臭いで識別できる 食性は雑食性で何でも食べるが、動物性のものを好んで食べる
木登りが得意 胸元に三日月輪の斑紋がある

主な生息場所

山岳地帯や低木地帯に生息している。基本的に本州・四国・北海道に広く分布している。

日本に生息する熊の種類

日本で見られる熊は、ニホンツキノワグマとヒグマの2種類です。
割合として、ニホンツキノワグマは本州・四国の地域の約45%、ヒグマは北海道の地域の約55%が生息しています。

・ニホンツキノワグマ ・ヒグマ

熊の習性

次に熊の習性ついて説明します。
普段はおとなしく、こちらから危害を加えなければ襲うことはありませんが、熊は背中を見せて逃げる者を追いかける習性があります。
どういう行動に気を付けなければいけないのか、熊の気持ちを探りながら対処する必要があるのです!

熊の行動

熊は基本的に単独で行動する動物です。また、熊は冬の冬眠時期(11月~3月)を除き、活動します。この冬眠ですが、メスの熊は冬眠中に妊娠・出産・授乳を行うそうです。熊の行動範囲は約40~50平方キロメートルと推定されています。熊の食性は雑食性で基本的に何でも食べますが、ドングリやヤマブドウなど、植物性のものを好みます。
特にそれらが多く供給されるのは落葉広葉樹林であり、1年を通じて供給するだけの分があるそうです。普段から人を襲うことはめったにありませんが、驚いた時や逆にこちらから威嚇した時は、逆上して襲いかかる習性があります。
また、熊には「クマ剥ぎ」と呼ばれる技を持っています。
これは樹木の皮を根元から剥ぎ取ることで樹木の栄養素が奪われ、枯死を引き起こすものです。この「クマ剥ぎ」による被害も年々拡大しており、森林などの環境に大きな影響を及ぼすと言われています。

被害

日本国内でのクマによる被害は、ヒグマ・ツキノワグマによるものです。どちらのクマもエサを求めて住宅街や畑などに侵入します。住宅街ではゴミなどを荒らすほか、畑などではトウモロコシや麦などの穀物から、メロンやスイカなどの果物類を食い荒らすことが知られています。
また、牧場などに侵入し、牛などの家畜を襲うこともあります。さらに、登山者などが襲われる事故も発生しています。特に、北海道に生息するヒグマは身体も大きく走るスピードも速いため、逃げても追いつかれてしまいます。さらに強力なカギ爪を振り下ろされるので、「良くて大けが」というほど危険なものです。人を襲うことを覚えたクマは同じことを繰り返すと言われており、古くから悲惨な事故が起きています。
ヒグマに限らず、クマ類は学習能力が高いため、本来は臆病な性格というツキノワグマも人間のいるところに食べ物があることを知ると、人に襲いかかる危険性があります。

駆除方法・対策

クマを目撃しても、何か攻撃を仕掛けて退治するのは危険です。クマによる被害で一番避けたいものは人が襲われることですから、駆除以前に「クマに会わない」「クマを近づけない」ことが大切です。
クマに会わないようにするためには、第一に人の存在をクマに教えることです。登山や山菜取りなどで山に入るときは熊鈴やラジオを携帯したり、木の枝で周囲をたたいて音を出すことが必要です。クマは臆病なのでこれで人間に近づくリスクは減ります。
しかし、万が一クマが近づいてきたら、唐辛子入りのスプレーが有効だと言われています。クマは嗅覚が鋭く、鼻の利く犬の数倍の能力があるそうです。特に、唐辛子に含まれる「カプサイシン」は嗅覚の鋭いクマにはさらに刺激的に感じるようです。また、野生動物の天敵である狼の尿、あるいは狼のにおいがついたものをクマのいそうなところに置く方法もあります。
クマは自然界で最強だと思われがちですが、力の強い動物がエサを探すときに、同じような強さの動物を避ける習性があることが研究で分かってきています。ヒグマも同様に、狼のにおいをかぎ分けて判断する習性があるので、狼の尿も効果があるそうです。
また、住宅街や畑などに侵入するクマを近づけないよう、赤外線センサーや監視カメラを置くことがあります。これはクマの行動範囲や行動パターンを把握しておくためです。クマの出没場所などを知ることでハザードマップを作って周知したり、音を立てることで脅かすことができます。
クマの出没する自治体によっては、農家などに電気柵を貸し出すところもあります。電気柵は、クマが触れると電流が流れるものです。不快な刺激を与えることで「ここには近づけない」と、クマに覚えさせるための対策です。
クマの学習能力を利用する意味では、民家や農耕地などの付近に落ちている木の実や果実を残さないように拾うことも大事です。クマは落ちている果実を狙って来ることがあります。そこできれいに清掃されていれば、クマは食べ物がないことを学習するのでクマは近づかなくなります。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.