キツネとは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >キツネとは?

キツネとは?

キツネとは?

ここではキツネの生態について解説します。
キツネは北海道など、比較的雪国に近い所で生息しているイメージをお持ちになられますが、本州、四国、九州でも目撃されています。
穏やかそうな動物に見えて、中々やっかいな問題を引き起こします。
キツネによる被害をなくすべく、まずはキツネのことについて押さえておきましょう!

キツネ

キツネ(アカギツネ)

分類:ネコ目(食肉目)イヌ科
体長:50~59cm
尾長:35~60cm
体重:5~10kg
体色:赤褐色、褐色

キツネの特徴

・夜行性である ・フサフサした毛がある
・食性は雑食性で、動物性を中心に食べる ・頭が良い
・とても泳ぐのが上手である ・キツネの糞にエキノコックスと呼ばれる幼虫が含んでいる      

主な生息場所

主に森林や雑木林、草原などに生息している。
特に、森林と畑が混在した田園環境を好む。

日本に生息するキツネの種類

日本に生息するキツネと言うと、アカギツネがほとんどです。さらにこのアカギツネは、本州、九州、四国の各本島と淡路島に生息するホンドギツネと、北海道本島と北方領土に生息するキタキツネに分かれています。

・ホンドギツネ ・キタキツネ

キツネの習性

次にキツネの習性ついて説明します。
キツネは視覚、嗅覚、聴覚が優れており、身体能力の高さ、頭が良く警戒心が強い動物として知られています。
気高い動物と思い込みやすいですが、実はこの他にも意外と知られていないキツネの習性があるのです!

キツネの行動

基本的に、キツネは出産の時以外は単独で行動します。一般的に、キツネは自分の縄張りを持って行動するため、他のキツネの縄張りに入ることはありません。縄張りの広さは食料が豊富なところ10平方キロメートルと言われています。食性は雑食性で、ネズミ、ウサギ、モグラなどの動物を中心に食べます。聴覚と嗅覚が発達し、50km/h近くの速度で走れるため、身体能力が高い動物として知られています。
ここで、意外と知られていないキツネの習性についてですが、キツネは自分が産んだ子ギツネを見放すのです。出産後から秋頃までは巣穴で親キツネが子キツネに狩りを教え、一緒に生活します。
それ以降は母子と認識せず。生き別れのままそれぞれ単独で生活していきます。なぜこのような事をするのか原因ははっきりしていませんが、自分の縄張りの食料を減らされたくないからという見解が有力だとされています。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.