キツネとは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >キツネとは?

キツネとは?

キツネとは?

ここではキツネの生態について解説します。
キツネは北海道など、比較的雪国に近い所で生息しているイメージをお持ちになられますが、本州、四国、九州でも目撃されています。
穏やかそうな動物に見えて、中々やっかいな問題を引き起こします。
キツネによる被害をなくすべく、まずはキツネのことについて押さえておきましょう!

キツネ

キツネ(アカギツネ)

分類:ネコ目(食肉目)イヌ科
体長:50~59cm
尾長:35~60cm
体重:5~10kg
体色:赤褐色、褐色

キツネの特徴

キツネは世界中に様々な亜種が生息している、イヌ科の動物です。日本に生息しているのは、本州以南のホンドギツネと、その亜種である、北海道に生息するキタキツネです。いずれもイヌ科には珍しく、社会性に乏しく群れを作りません。家族または単独で行動する夜行性の動物です。
肉食に近い雑食性で、ウサギやネズミなどを捕らえて食べることもします。生後1年未満の子ギツネのうちに狩りを覚えますが、エサがなくなると人間の落としたものや残飯などもあさることがあります。用心深い反面、好奇心が強い性格を持ち、観光客などが近づくことで人に慣れると、キツネ自身からエサをねだる行動に出ることも知られています。
キツネは聴覚とジャンプ力に優れており、2メートルの高さを飛べる個体もいると言われています。また、溺れるふりをして獲物をだまして狩りをするなど、非常に賢いことでも知られています。その賢さや狡猾さから、「人を化かす」などと世界中で民話や神話の題材にされてきました。

夜行性である フサフサした毛がある
食性は雑食性で、動物性を中心に食べる 頭が良い
とても泳ぐのが上手である キツネの糞にエキノコックスと呼ばれる幼虫が含んでいる      

主な生息場所

主に森林や雑木林、草原などに生息している。
特に、森林と畑が混在した田園環境を好む。

日本に生息するキツネの種類

日本に生息するキツネと言うと、アカギツネがほとんどです。さらにこのアカギツネは、本州、九州、四国の各本島と淡路島に生息するホンドギツネと、北海道本島と北方領土に生息するキタキツネに分かれています。

・ホンドギツネ ・キタキツネ

キツネの習性

次にキツネの習性ついて説明します。
キツネは視覚、嗅覚、聴覚が優れており、身体能力の高さ、頭が良く警戒心が強い動物として知られています。
気高い動物と思い込みやすいですが、実はこの他にも意外と知られていないキツネの習性があるのです!

キツネの行動

基本的に、キツネは出産の時以外は単独で行動します。一般的に、キツネは自分の縄張りを持って行動するため、他のキツネの縄張りに入ることはありません。縄張りの広さは食料が豊富なところ10平方キロメートルと言われています。食性は雑食性で、ネズミ、ウサギ、モグラなどの動物を中心に食べます。聴覚と嗅覚が発達し、50km/h近くの速度で走れるため、身体能力が高い動物として知られています。
ここで、意外と知られていないキツネの習性についてですが、キツネは自分が産んだ子ギツネを見放すのです。出産後から秋頃までは巣穴で親キツネが子キツネに狩りを教え、一緒に生活します。
それ以降は母子と認識せず。生き別れのままそれぞれ単独で生活していきます。なぜこのような事をするのか原因ははっきりしていませんが、自分の縄張りの食料を減らされたくないからという見解が有力だとされています。

被害

キツネはトウモロコシやビートなどの農作物を荒らしたり、家畜を襲うと言われています。しかし、実際には本当にキツネによるものか確証がないケースがあるほか、野生化したペットのアライグマやタヌキと混同されている統計もあるようで、詳しいことはあまり分かっていません。
とはいえ、キツネの住む山林にエサとなる動物や植物の数が減ったことと、キツネを題材にしたドラマや映画の影響などで、キツネを見つけると呼びつけたり、餌付けする観光客が増えたこともあり、人慣れしているキツネがいるのも事実です。そういったキツネは人里に出るのを恐れず、住宅街などで生ごみをあさることがあります。
また、キツネは寄生虫のエキノコックスを媒介します。エキノコックスがもたらす「エキノコックス症」は人畜共通の感染症です。症状が重篤化すると、肝機能障害で死亡することもあります。エキノコックスはキツネのフンを通して感染することがあるため、畑などにフンをするキツネには対策が必要です。

駆除方法・対策

キツネの駆除や被害への対策には、キツネの行動を把握すること、キツネを侵入させないこと、エキノコックスへの予防が必要になります。
キツネの行動を把握するのは、罠を仕掛けたり、光や音でキツネを追い払うための先読みが目的です。それにはまず、監視カメラを設置してキツネの行動を観察します。カメラによってキツネの行動がつかめたら、青色LEDのストロボを焚くと逃げることがあります。青色LEDは夜行性の動物に有効という研究結果があると言われているので、こういった防獣ライトがあると便利です。
また、キツネを侵入させないための方法として、電気柵があります。キツネ対策としての電気柵は、地中に埋めたアース線や電線を通してキツネが柵に触れることで、感電させる仕組みです。そのため、周囲に草などの障害物があるときちんと通電されないので注意が必要です。また、キツネはジャンプ力があるため、柵の高さを工夫したり、抜け道を作らないように、キツネが通れるようすき間を作らないことも大事です。
さらに、キツネは学習能力が高いため、「ここでエサは取れない」と覚えさせることも対策になります。具体的にはゴミ捨て場にネットなどをかぶせる、ゴミ出しのルールを守る、街の美化につとめる、農家などでは作物の取りこぼしをしない、餌付けをしないといったことです。
キツネが媒介するエキノコックスの予防としては、キツネ用に虫下しの餌をまく、フンを始末するときにはマスクと手袋をして、割りばしなど使い捨ての道具を使うと予防になります。
他には箱罠などでキツネを捕獲した後、殺処分する方法もありますが、自治体で行っているところでは経費が足りないなどの理由で、捕まえたとしても遠くに放すことしかできないのが現状のようです。 また、キツネを近づけない方法に、天敵である狼の尿をまく方法もありますが、試した人の中には「効果がなかった」という意見もあります。まずは、近づいてきたら追い払うことが大事なようです。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.