イタチとは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >イタチとは?

イタチとは?

イタチとは?

ここではイタチの生態について解説します。
「イタチ被害に遭われている」、「駆除したいけど中々捕まえらず苦戦している」など・・・
このような悩みを持つ方は、まずはイタチのことについて理解しておきましょう!

イタチ

イタチ(ニホンイタチ)

分類:ネコ目イタチ科
体長:30~37cm
尾長:12~16cm
体重:290~650、
体色:茶褐色~暗褐色

イタチの特徴

イタチは哺乳類で、ネコ目イタチ科イタチ属に分類されます。現在日本で多く見られる種類は、ニホンイタチとチョウセンイタチです。チョウセンイタチはニホンイタチよりもひと回り大きなサイズになっていますが、どちらも比較的身体は小さいほうです。
体型は銅が長くて細長く、手足が短いのが特徴です。とても素早く動き、人間のいる場所には滅多に姿を現わすことはありません。 身体がしなやかに動き柔軟性があります。わずか3㎝程度の隙間でもするりとすり抜けてしまいます。また泳ぎも得意です。
顔はとても可愛らしく、短い手で食べ物をつかんで食べている姿は、愛嬌たっぷりで親しみやすく思えますが、実はどう猛な肉食獣です。雑食で何でも食べますが、特に肉系が好きで、ねずみなどを捕獲して食べることはあります。また家畜のニワトリやウサギなども捕食することがあります。
床下や屋根裏に巣を作り、住みつきます。繫殖期は春です。同じ場所で繁殖を繰り返すことが多いため、居心地がいいとその場所から離れなくなってしまいます

非常に素早い、凶暴性がある 夜行性である
食性は雑食性(特に動物性を好む) 水中を泳ぐことができる
小さい隙間をくぐり抜けることができる 壁を垂直に登ることができる

主な生息場所

平野部の草地、川沿いなどの水辺に生息している。(稀に、低地の田畑や人家に生息することもある)

日本に生息するイタチの種類

日本に生息しているイタチなので、ニホンイタチと言います。は5種8亜種のイタチが棲息しています。このうちアメリカミンクは外来種で、在来種で絞ると4種7亜種となります。

・ニホンイタチ ・シベリアイタチ
・チョウセンイタチ ・キタイイズナ
・ニホンイイヅナ ・エゾオコジョ
・ホントオコジョ ・アメリカミンク

イタチの習性

次にイタチの習性について説明します。イタチの習性を知ることで対策も容易になるはずです。
また、知らなかった事もあると思いますので、この機会に知識を深めていきましょう!

イタチの行動

イタチは自分が行動する圏内の中に、本拠地用の穴と休息用の穴を持っています。活動は主に夜に行い、夜が明けると近くの穴に入って休息するのがほとんどですが、特に決まっておらず、昼間に活動することもあります。
また、基本的に繁殖期を除いて単独で行動します。一般的にオスは約5ha、メスは約2haの行動圏を持っていると言われています。ほとんど藪の中で単独行動しているため気付きにくいです。
また、個体間のコミュニケーションでは自分の糞や尿を合図にして取ることが多いと言われています。さらに、イタチは身の危険を感じると肛門腺からかなり臭い黄色の液を排出するそうです。

被害

イタチの糞尿はかなりの悪臭となっており、屋根裏などに巣を作られてしまうと、そこで生活するのはかなり大変な状態となってしまうでしょう。また壁に糞尿のせいでシミになってしまうこともあります。 なんとか追い出すことができても、匂いが残っていたりするとまた戻ってきたりします。かなりしつこくイタチは現れて、被害を広げます。
雑食で何でも食べることから、生ゴミをあさり散らかします。また人間が寝静まっている夜間に屋敷の中へ入り込んで、食べ物を見つけては手当たり次第、食べ散らかします。また時にはペットや家畜を食べることもあります。かわいい姿をしていますが決して油断をしてはいけません。
夜行性のため、夜間活発に行動するので、屋根裏などをバタバタと走り回る音がことのほか大きくうるさく感じることがあります。

駆除方法

駆除には幾つかの方法がありますが、その一つに捕獲があります。イタチの捕獲には鳥獣保護法や狩猟法などといった法律がからんでおり、慎重に行わないといけないのですが、捕獲期間内であれば、捕獲してもいいことになっています。ただし、イタチを捕獲する人は狩猟免許を取得している者に限ります。また捕獲する場所の敷地の所有者が別にいる場合は、その者の許可をもらってからでないと行ってはいけません。しかも、イタチのメスについては狩猟してはいけないことになっており、捕獲期間内であっても捕らえることはできないので要注意です。
イタチを捕獲するためには、罠を仕掛ける必要があります。イタチの大好きな食べ物(ソーセージや唐揚げ、果物など)を捕獲用のゲージにセットして、イタチが作った巣やイタチの通りそうな場所などに置いておきます。繁殖しているかもしれないので、根気よく捕獲を続ける必要があります。
このようにイタチを捕獲するには色んな規制があって大変なので、専門の業者にお願いするほうが、問題も少なくていいかもしれません。ついでに糞尿の被害の除去なども請け負ってくれる業者であれば助かります。糞尿には危険なウィルスや寄生虫がついていることが多いですから、最後に消毒もお願いしましょう。
イタチを追い出すという駆除の方法もあります。市販で簡単に手に入る忌避剤を使って、地道に追い出す方法です。イタチが利用していると思われる侵入口や巣のある場所などに置いておくだけです。屋根裏などの屋内の場合は忌避スプレーを撒くのも効果的と思われます。逆に屋外だとスプレーでは効果は期待できませんので、置くタイプのものを選ぶといいでしょう。 もしこの駆除の方法が成功した場合、そこでやめてしまうとまた戻ってきてしまうこともあります。しばらくは継続しているほうが無難でしょう。そうしている内にここは危険だと学習したイタチはもう侵入して来なくなります。
イタチは夜行性なので、光を嫌います。強いストロボなどを当てられると恐怖を感じます。そういった機能のついた装置を購入し、通り道や巣などに設置しておくのもいいかも知れません。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.