アライグマ退治に有効な対策方法|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >アライグマ退治に有効な対策方法

アライグマ退治に有効な対策方法

アライグマ退治に有効な対策方法

近年、野生化したアライグマが住宅街や耕作地を襲うケースが増えています。さらに厄介なのが、人畜共通感染症の1つである「アライグマ回虫症」を引き起こすリスクがあることです。
これは、アライグマの糞に含まれる「アライグマ回虫」が誤って口の中に入ることで、重度の脳障害が起きることです。
こうした問題から、アライグマを撃退するにはどうすればよいか、その対策法を紹介します。

アライグマ

アライグマ退治に有効な対策方法

アライグマを退治するポイントは、餌付けをしない、侵入口を塞ぐ、手洗いを徹底することです。まず餌付けをしないことですが、これは人間の良心的な行動を慎むことです。
アライグマの行動範囲は広く、自然界にある食料だけでなく人里にも侵入し、平気で生ゴミや農作物を食い荒らします。いくら外見がかわいいからといってエサを与えてしまうと、貰えるものだと思い込んでしまいます。なので、餌付けは絶対にやめましょう。

また、昼間の間に神社や家の天井裏、倉庫など、わずかなすき間から侵入します。入られないように穴を塞いでおきましょう。
そして、アライグマの糞に含まれるアライグマ回虫ですが、この幼虫を誤って飲み込んだり、土壌に幼虫が混ざり手に触れることで感染します。幼児が外で遊ぶ際は手洗いを徹底するようにしてください。

対策グッズ

アライグマ退治に有効な対策グッズは、電気柵、燻煙剤、忌避剤、捕獲器 です。
アライグマも夜行性動物なので、青色LEDストロボが有効です。最近の研究結果で、夜行性動物の駆除には、青色LEDが特に有効であることが知られてきています。
また、アライグマの“天敵”であるオオカミ等の鳴き声を流すことも、同時に有効です。
アライグマは身体能力が高く木登りすることができます。そのため、通常の柵では簡単に飛び越えられてしまいます。
Newバード・スパイクのような“障害物”を各所に設置することにより、アライグマを傷付けることなく、寄せ付けなくすることも、極めて有効です。電気柵ならば飛びついてきても感電させることができるので、農作物を守るには打って付けの対策グッズです。

バードスパイク

また、天井裏などに棲みつくアライグマを追い出すには、燻煙剤や木酢液やハッカ油などの忌避剤 が有効です。
他にもアライグマの“天敵”であるオオカミなどの猛獣の尿によって、アライグマなどを寄せ付けなくすることも極めて有効です。
捕獲器も上記3点を上手く活用することで効果を発揮します。その他にも、生ゴミの食い荒らしの対策としてネットを使用したり、番犬を飼うといった対策法もあります。
赤外線センサーで、アライグマなどの夜行性動物の動きをキャッチし、(ホースにつないだ)水を強力に噴射して撃退する新製品も、その大きな効果から、新たに脚光を浴びています。

アニマルブラスター

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.