アライグマとは?|害獣対策研究会.com

害獣対策研究会.com

HOME >アライグマとは?

アライグマとは?

アライグマとは?

ここではアライグマの生態について解説します。
愛くるしい顔が特徴でペットして飼われる人気の動物です。
幼い時はかわいいものですが、成獣になると一気に凶暴性が増し、飼育するのが難しくなります。また、農作物やゴミ捨て場の生ゴミ、家畜用の飼料を食い荒らすなどといった行為が問題視されています。
アライグマの危害を抑えるためには、アライグマそのものを十分理解する必要があります!

アライグマ

アライグマ

分類:食肉目アライグマ科
体長:40~60cm
尾長:20~40cm
体重:6~8kg
体色:灰褐色、茶褐色

アライグマの特徴

・基本的に夜行性だが、昼に行動することもある ・雑食性で何でも食べる
・学習能力が高い ・人畜共通感染症の媒介動物である
・器用な指を使って獲物をとらえる ・行動範囲が広い

主な生息場所

森林、湿地、農耕地、市街地など幅広い場所に生息し、特定の生息場所はない。
基本的に水辺が近くにある場所を好む。

日本に生息するアライグマの種類

もともとアライグマは以前から日本に生息していたわけではありません。アライグマの原産はアメリカで、ペットとして輸入されたものが逃亡し、繁殖活動を続けて現在日本全国に広く分布していることになります。

アライグマの習性

次にアライグマの習性ついて説明します。
アライグマは人間によく懐き、親しみやすい動物と思われますが、元々気性が激しい動物です。
そのため、予測不可能な行動が突然起きることも考えられます。
こうした事を含めて、あらかじめアライグマの習性を理解することが大切です!

アライグマの行動

アライグマは基本的に単独か子供と一緒に生活します。年間を通じて活動しますが、冬の時期は冬眠とまではいきませんが、穴ごもりすると言われています。夜行性で夜に活動することがほとんどですが、条件によっては昼間も活動する場合もあります。(普段は天井裏や小屋などで隠れているケースが多い。)アライグマは色々な場所に移動するため、同じ場所に居続けることはありません。また、オス・メスともに行動範囲が広く、オスで7~50平方キロメートル、メスで2~16平方キロメートルと言われています。
食性は雑食性で、昆虫や果実、小動物など何でも食べます。特に、都市部では生ゴミやとうもろこしを好んで食べます。ただし目がよく見えないため、食べる際水に入れて食べれるかどうか判断して食べるそうです。また、手先が器用なため、前足でエサを持ったまま移動することができます。

Copyright (c) 害獣対策研究会.com All Rights Reserved.